ヘルパー時間数を獲得!身体障がい者が理想の地域生活を手に入れる方法

身体に障がいがあっても…。

  • これから地域で一人暮らしを始めたい!
  • 今は家族と同居ではあるが、親元から離れ自立した生活を送りたい!
  • 自立したいと言っている身体障がい者を支援したい

と思ったら。

まず必要になるのは、ヘルパー時間数の給付を受けることです。

だって、
日々の食事。掃除洗濯。お買い物。お風呂、整容、排せつ。ひとりでは出来ませんよね?

さらに、

  • 趣味や遊びもしたい
  • 息抜きやリラックス癒しの時間も欲しい
  • 落ち着いたら、お仕事もしたい
  • なんて、あなたの頭には未来予想図、描いていませんか?

そう思うのが、普通の人間です。障がいがあっても、そこは胸を張って求めてよいのです。

法務省の人権擁護機関も,ノーマライゼーションの理念を一層定着させ,障害のある人の自立と社会参加を更に促進するために,様々な啓発活動に取り組んでいます。
出典元:引用-障害を理由とする偏見や差別をなくしましょう

だって人間だもの。
(by 「みつを」さんだって言ってますよね^^)

では、どうやったら、自分の希望のヘルパー時間数を支給してもらえるのでしょうか?

あなたが地域でハッピーな自立した生活を送るために、十分なヘルパー時間数を支給してもらうことは、必須です。

ここでは、

  • 日常生活をストレスなく、充実させたい身体障がい者
  • ヘルパーのサポート時間をもう少し増やしたいと思ってる身体障がい者
  • これから一人暮らしや退院するけれどヘルパー時間数が足りるか不安な身体障がい者

のような方へニーズやお悩みを解決し、障がいがあっても理想の人生を手に入れる自分の理想のヘルパー時間数を給付してもらう方法を、障がいを負ってから20年相談支援専門員、ピアカウンセラーとして15年のキャリアと実体験を持つ山口が伝授しちゃいます!

専門用語が多く疲れてしまうので、リラックスして読みやすいところから読んでみてくださいね^^

ヘルパーの時間数別 お悩みの整理!

まずは、ヘルパーの時間数についてお悩みを整理しましょう。整理する必要があるのは、どのタイプによってか、対策や行動が異なるからです。
あなたは、どのタイプ?

  • 市区町村の担当窓口に行っても口頭では中々伝えきれない
  • 担当窓口に伝えても独自の行政のルールで支給決定が降りない
  • そもそも相談員や担当ケースワーカーに聞いてもらえず感情的になってしまう
  • 一方的に要求するのがわがままだと捉えられてしまうのが怖い
  • 相談できる人やサポートしてくれる人が誰もいないので動けない

そんな理由などで、結局悶々としている中で事が何も進まない。ますます将来が不安になり、希望がない。という日常を送っている、身体障がい者やその支援者も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな状況を1歩でも2歩でも突破するためにヒントをお伝えしたいと思います。では、どのような人がヘルパーの時間数を増やしたらどんな事ができるようになるのか?をご紹介いたします。

  • 買った食事だけ食べている方が、健康的な食事が食べられるようになる
  • 掃除ができず、ホコリだらけの家がきれいに快適に過ごせるようになる
  • 週数回のお風呂で、頭がかゆかったり、ベタベタが気なる方が、お風呂の回数が増やせる
  • 月数回の外出しかできないかたが、もっと社会参加の回数を増やす
  • 習い事や勉強をして、生きる力をUPできる

そんな事が可能になります。

なので、ヘルパー介助者が必要である限り、ヘルパー時間数の支給決定の獲得は避けては通れない道です。ですが、そこには大きな壁が立ちはだかることでしょう。そして、自分のヘルパー時間数のことで行政にお願いしてくことは、断られた時に自分を否定された気分になったり、分かってもらえないことによる苛立ちや悲しみを抱くこともあるでしょう。それに耐えられず挫折したり諦める方が多くいらっしゃると思います。あなたが未来を切り開きたいのなら、ネガティブな感情に巻き込まれず、あなたの幸せな未来のために、私たちがサポートし応援したいと思っております。これからポイントをお伝えしますので、一緒に頑張っていきましょう^^

そもそも「ヘルパーの時間数」を支給してもらうには?

まず、前提として押さえておきたいことは、「ヘルパーのサポート得たい!」と思ったら、障がい者福祉サービスを利用する必要があります。そのための、「受給者証」の発行はお済でしょうか?
事前チェックポイントとして、受給者証発行までの流れを確認しておきましょう。

どひゃー!!
「こんなにあるの?何かよくわからないし、難しそうだし、めんどくさい。。。」
と思ったそこのあなた。
たしかに、日本の福祉制度や障がい者福祉サービスを利用して、ヘルパーさんの介助サポートを得るのは、色々な手続きが多く、難しく感じるかもしれません。ですが、ここを乗り越えないと、残念ながらあなたがが地域で一人暮らしをしてハッピーで自立した生活を送ることができません。
ひとつずつ、分解して進めば決して難しくないので、ゆっくり解説しますので、一歩ずつ一緒に進めていきましょうね^^

ヘルパーの時間数給付の証。受給者証!

さて、問題の「受給者証」発行はお済でしょうか?手元にございますか?


ない場合は、

  • サービス等利用計画の作成

まで、進めなければいけません。まず、行政窓口で相談し、地域の相談支援事業所に相談して、サービス等利用計画書を作成していただいてください。
もちろん、株式会社LIFEクリエイトでも計画相談も請け負っておりますので、別途ご相談ください。


サービス等利用計画の作成依頼はこちら

ヘルパーの時間数獲得への道!

あなたの理想のヘルパー時間数を獲得するには、何段階かステップを踏む必要があります。
そのステップをまとめてみたので、下記を参考にしてみてください。

    1. 自分はどんな生活をしたいか、付箋やノートに書き出す
    2. ヘルパーにサポートを受けたい時間の、1週間のスケジュール表を作成
    3. スケジュール表のケアの時間帯のケア内容を明確にする
    4. 1か月のヘルパー時間数を算出する
    5. 相談支援事業所の相談員またはサポーターを見つけ相談する
    6. サポーターと一緒に行政の相談窓口へ希望を伝える
    7. 支給決定
    8. ヘルパー事業者と契約
    9. サービス開始

9項目と、獲得への道のりは長く感じるかもしれませんが、1こ1こを整理することであなたの理想のヘルパー時間数獲得を目指すことが可能になります。
ちょっと大変かもしれませんが、一緒にサポートしてくれる方を見つけ、順序立てて組み立ててみましょう。
私も応援していますので、ぜひ頑張ってみましょう!

1.自分はどんな生活をしたいか、付箋やノートに書き出す

ここからは、ステップ1~9を解説していきたいと思います。まず、自分はどんな生活を日々送りたいのか。イメージしてみましょう。

例えば、

  • お風呂は週3回入りたい。
  • 食事は1日3回とりたい。
  • 週1回は外出したい。
  • 週1回はリハビリに通院する。

<などと、思いつくままにノートや付箋に書き出してみましょう。そして、だんだんと日々の地域生活をイメージしてみてください。 そうすることで、あなたの理想の生活がだんだんと見えてきます。いきなり高い目標というよりは、まずは日々ストレスなく安心して安定することを優先していきましょう。 チャレンジは安定してからでもできますので、焦らずにいきましょう。

2.ヘルパーにサポートを受けたい時間の、1週間のスケジュール表を作成

自分の理想の生活を洗い出したら、イメージが膨らんでくると思います。ワクワクしてきませんか?
これがあなたが自分自身で生活を創るということです。これを実行できるということは、この上ない喜びですよね。
次に、そのやりたいことを1週間のスケジュール表に落とし込んでいきます。

(例)

  • 月曜日は8:00起床
  • 8:00~9:00お風呂
  • 9:00~9:30車椅子へ移乗
  • 9:30~10:00整容、朝食
  • 12:00~13:00昼食
  • 13:00~14:00訪問看護
  • 17:00~18:30夕食
  • 21:00~22:00就寝

こんな具合です。1週間のスケジュールを思うがままにどんどん埋めていきましょう。

3.スケジュール表のケアの時間帯のケア内容を明確にする

ステップ2でなんとなく1週間のスケジュールを立てたら、その時間帯でのケア内容を明確にしていきます。合っている、合っていないとかは今は置いておいて、自分の考えだけでけっこうですので、ヘルパーさんにどんなケア内容をしてもらいたいか考えてみましょう。


そうすることで、正確な時間数を算出することができ、第三者へ正確に伝えることが可能になります

(例)

  • 8:00~9:00お風呂
    具体的なケア内容:準備、車椅子移乗、洗髪、洗体、入浴、整容、更衣
  • 9:00~9:30車椅子へ移乗
    具体的なケア内容:車椅子移乗、整容
  • 9:30~10:00朝食
    具体的なケア内容:準備、食事、片付け
  • 12:00~13:00昼食
    具体的なケア内容:準備、食事、片付け
  • 13:00~14:00訪問看護
    具体的なケア内容:清拭、足浴
  • 17:00~18:30夕食
    具体的なケア内容:買い物、調理、準備、食事、配下膳
  • 21:00~22:00就寝
    具体的なケア内容:ベッドメイク、服薬、歯磨き、車椅子移乗、更衣

こんな具合で、細かく、何をやってもらうのか、何をやるのか書き出してみましょう。毎日同じこともあるので、1日のパターンができれば、おおよそ1週間も完成していきます。

4.1か月のヘルパー時間数を算出する

それぞれのケア内容が明確になってきたら、あらためて月のヘルパー時間数を算出していきましょう。基本的には、下記の数式で1か月分を出すことができます。
1週間ヘルパー時間数 × 4.5週 = 月間総ヘルパー時間数

これがあなたの現時点での理想のヘルパー時間数の目安になります。

5.相談支援事業所の相談員またはサポーターを見つけ相談する

ここまでいかがでしょうか?
あなたの夢の生活が、サポーターとともに実現する世界がイメージできてきたでしょうか?もうちょっとですので、頑張ってくださいね。
このステップ4までは、相談支援事業所の相談員さんや、先輩身体障がい者の方が身近にいたら一緒に手伝ってもらいましょう。

ただ、相談支援事業所の相談員さんによっても、真剣に取り組んでくれる方とそうでない方がいるので要注意!否定的な相談員さんにはあまり相談しないようにしましょう。

自分のほうがまいってしまいます。ここまでは、主観で自由に作ってきたとおもいますが、行政に支給申請を出すには、客観的視点を求められることが多くあります。なので、第三者のサポーターを見つけることはとても重要です。第三者と一緒に自分のプランをさらに精査していきましょう。

6.サポーターと一緒に行政の相談窓口へ希望を伝える

心強いサポーターを手に入れたところで、行政の担当ケースワーカーへ、ヘルパー時間数の支給決定を申請しましょう。申請の方法は、行政によって異なりますので、担当ケースワーカーまでお問い合わせください。

くれぐれも、担当ケースワーカーも人ですので、感謝の意を持って円滑なコミュニケーションを行うことがとても重要になります。敵対すると、事が進まなくなるので、注意しましょう。

7.支給決定

無事に行政の許可が下りましたら、支給決定となります。あなたの必要なヘルパー時間数が記載された、受給者証とともに認可が下りることになります。

ここまでよくきました!おめでとうございます!

8.ヘルパー事業者と契約

ヘルパー時間数が支給されたところで、日々の生活を支えてくれる事業者と契約しましょう。

事業所選びは、相談員さんとともに行政のケースワーカーさんなど色々なところの話を聞きながら、相性の合うところを選びましょう。

9.サービス開始

いよいよサービスの開始です。
最初はヘルパーさんも慣れないことがあり、コミュニケーションが大変なところもありますが、管理者さんやサービス提供責任者さんとコミュニケーションを取りながら、自分のニーズや希望をはっきりと伝えていきましょう。

自分があいまいな希望を出すと相手も混乱してしまうので、あえてはっきりいうことを心がけていきましょう。

最後に

長々とお付き合いくださりありがとうございます。ヘルパー時間数を自分の希望通り支給してもらうということは、とても容易ではないかもしれません。自分の希望を伝えるということは、抵抗を感じる方もいるかもしれません。ですが、はっきりと自分の希望を伝え、ヘルパー時間数を支給してもらえなければ、あなたの理想の生活は実現できないでしょう。自分のことは極力自分でやりたい、という方はもちろんヘルパー時間数を最小限に抑えることもよいと思います。

なかなかひとりではできない。サポーターをなかなか見つけられない。ということもあるかと思いますが、そんな時はぜひ私たちを頼っていただけますと、精いっぱいサポートさせていただきます。こういった情報は、LINE@でも配信していますので、ぜひLINE@にお友達登録をよろしくお願いいたします!あなたの理想のヘルパー時間数が給付され、楽しい人生が遅れることを、心より願っております。

株式会社LIFEクリエイト 山口和宏

2019.02.27 Kazuhiro Yamaguchi

SOCIAL INNOVATION BY CHALLENGERS

求む!社会を変える力。
メンバー紹介ページへ

ライフクリエイトでは共に社会を変えていくメンバーを募集しています。
社会で活躍する身体障がいを持つ方々と共に人生を創造し、
誰もが輝き、活躍できる「真のユニバーサル社会」を実現します。

新メンバー募集中!
求人情報
TOP

Cooperation company 応援・サポーター企業